硬水で紅茶

硬水で紅茶

紅茶の本場・イギリスの水道水は硬水で、多くの人は紅茶を硬水で飲みます。
日本の水は軟水で、日本でのむ紅茶と、イギリスで飲む紅茶の味が大きく違うのは、水の硬度の違いも大きいと言われています。

紅茶好きの人の中でも硬水で飲むか、軟水で飲むかというのは意見が分かれるところです。
茶葉の種類に合わせて硬度を変えることで、より幅広い味わいを楽しめるところが面白いですね。
 

<軟水>
少ない茶葉で、しっかり味と香りを抽出します。
きれいな色、ハッキリした味、香りとともに、渋みの成分であるタンニンも出てきます。

ストレートティーを楽しむなら軟水がオススメです。
オススメの茶葉:ダージリン、フレーバーティー

 

<硬水>
渋みの成分タンニンの抽出を抑え、味と香りも弱まりますがコクのある味わいになります。
ミネラルとタンニンが結合し、紅茶の上に皮膜が作られますが、ミルクを入れて消すことが出来ます。
コクの深いミルクティーを味わいたいなら硬水がオススメです。
オススメの茶葉:アッサム、ウバ、キームン、ルフナ、チャイ

 

紅茶のおいしい淹れ方

紅茶の入れ方について、三越提供のわかりやすい講座ページを紹介します。

ストレートティー
http://www.mitsukoshi.co.jp/spcl/harrods/howto/index.html

ミルクティー
http://www.mitsukoshi.co.jp/spcl/harrods/howto/milktea/

軟水と硬水で紅茶の飲みくらべをしてみても楽しいですね。
硬水を沸騰させると少々ミネラルが分解されますが、なくなるわけではないので、紅茶でミネラルを摂るのもいいでしょう。
 

 

引用

http://tea-for-life.net/knowledge/suidou.htm

硬水で紅茶へのコメント