硬水で脳梗塞対策

硬水で脳梗塞対策

脳梗塞になる理由に、水分不足は大きな原因となります。
血液の90%は水分とされ、水分不足になると血の流れも悪くなります。
また血液中のカルシウムの不足でドロドロ血を引き起こすことも問題になっています。
カルシウム不足は自覚症状がほとんどないので、より注意する必要があります。
カルシウムが豊富な硬水がおすすめです。

 

硬水のすすめ


カルシウムで血行促進
血中のカルシウムは、新陳代謝、ホルモン分泌の促進を助ける生命維持に欠かせない働きをします。
血液の安定供給にカルシウムは欠かせません。
また、カルシウムは単体でとっても摂取したものすべてを吸収しません。
カルシウムとマグネシウムとのバランスを3~2:1で取り入れるのが一番吸収率が良いとされています。

一日目標700mg摂取しましょう。

マグネシウムで代謝促進
一日で270mgのマグネシウム摂取を目標にしましょう。
マグネシウムは代謝を左右し、足りないと正常な代謝が行われず、汗をかきにくかったり、便秘を招いてしまいます。

起床、就寝時の水分補給
人は睡眠中に500mlもの水分を失っています。
朝起きたときの脳梗塞発生率が高いのは、水分不足が原因とも言われています。
寝る前と起きてすぐ、コップ一杯分の水(200ml)を飲むようにしましょう。

 

 

脳梗塞対策におすすめの硬水
コントレックスクールマイヨール

硬水で脳梗塞対策へのコメント